第三者の敷地を経由して引き込まれている水道管について


敬老の日、いかがお過ごしでしょうか。

世の中は、3連休!なかには9連休!!

という方もいらっしゃるみたいですね。

あいにくの雨続きですが、「シルバーウィーク」もプラスホームは

元気に営業中です。

 

さて、今週ご契約及び決済をする土地に関して、

このようなケースもある、

という事をお伝えしておこうと思います。

昔に分譲された土地や、古い中古住宅を契約、

もしくは売却される前に、

注意すべき点です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回対象になる土地の現状

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まず、下の図をご覧ください。

 

第三者水道管

今回の対象になる土地は、上のA地です。

約40年ほど前に分譲された土地で、建物は解体されて

更地になっていました。

上水道の埋設管の調査をしたところ、

図のように、本管から直接の引込みではなく、

隣地の他人である、Bさん、Cさんの土地を経由して

引き込まれておりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第三者の敷地を経由して引き込まれている土地の問題点

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来、前面の公道より直接各戸に引き込まれている方が、

近隣トラブルなどの問題は起きにくいのです。

考えられる問題点は、

1)破裂や漏水などがあった時の責任問題。

2)他人の水道管が埋設されている事による、建築や土地利用の制限。

3)水道の容量や水圧不足になる可能性。

などが挙げられます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その土地を契約する前に、解決しておくべき注意点

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この状態を解決する方法は次の2つです。

1)前面の公道より直接、自身の土地に引込みし直す。

2)経由しているBさん、Cさんに、「敷地を利用している」旨

 の承諾書をいただく事。

 

1)の引き込みし直しが出来れば、理想です。

しかし、前面の道路が舗装であるかないか、私道なのか公道なのか、

県道なのか国道なのか、道路の手前側か反対側か、

によって、大きく予算や方法が変わってきます。

今回のケースでは、対象不動産の前面公道が歩道のある幅員12m

とやや広めの県道で、

しかも、道路の反対側に本管があるという、予算が大きく掛かる状況でした。

当然、販売価格にも影響してきます。

ですので、今回は、2)の承諾書をいただく形で解決しました。

Bさん、Cさんとも、こころよく承諾していただき、署名捺印を頂戴しました。

 

 

・・・・・・

最後に

・・・・・・

今回のケースでは、承諾書をいただく形を取り、

契約および決済を迎えますが、

場合によっては、承諾書を取得できない場合も考えられます。

事前の充分な調査が大切になると思います。

一般の方では分かりづらい事も多く、

不動産の取り引きは多種多様です。

 

“何から手を付けたらいいか分からない・・”

という方が、購入当時の古い資料一式を持って、

ご相談に来られています。

DSC_4123

 

不動産取引専門の

「宅地建物取引士」

「不動産コンサルティングマスター」

がいる

プラスホーム

に、お気軽にご相談ください。

 

 

ご相談無料です!

TEL:046-210-4288

 

 

不動産取引の専門家の「宅地建物取引士」「不動産コンサルティングマスター」「福祉住環境コーディネーター2級」がいる株式会社プラスホームは、不動産業21年の実績と積み重ねた信頼があります!不動産に関するお悩み・御相談をワンストップで解決します。お気軽にご相談ください。 ご相談無料です!
TEL:046-210-4288

最近の投稿


Fatal error: Call to undefined function get_mtime() in /home/atsukura/plushome.info/public_html/wordpress/wp-content/themes/inioi/single.php on line 43