リフォームの訪問営業・電話営業


  1. ご相談案件

今週、似たようなご相談が2件続いたので、ご報告です。

リフォーム会社の、電話や訪問での営業がありますが、そのやり方についての問題です。

初めて接する人の言葉を信じていいのか?

信じれるものなのか?

 

マンション住まいの、“おひとりさま”高齢者

電話営業

先日、「失敗しない老人ホーム選び方」セミナーにご参加いただき、

その後、仲良くさせていただいているお客様から電話がありました。

相続登記のご依頼や、建具調整のご依頼をお受けしている、

厚木市内のマンション(築後15年)にお一人でお住まいの方です。

その“おひとりさま”に、リフォーム業者から一本の電話が入ったそうです。

その内容が、

「建築後15年経過するのでマンションの配管工事と一緒に、浴室の交換時期ですよ。」

「同じマンションで他の部屋の方も、既に行っていますよ。」

との事です。

当然、お客様は心配になりますよね。

対処

まず、管理人に確認するようにお伝えしました。

そうしたら、大規模修繕で配管工事をする予定はなく、

ただのリフォーム営業である事が判明しました。

 

まだまだキレイにお使いですが、快適にしたいのであれば、

築後15年のマンションで、浴室リフォームする事は問題ないと思います。

ただ、言い方が問題です。

ご高齢の方に、あたかも「一斉工事」のような言い方をすると、

当たり前の作業かと思い込んでしまいます。

 

一戸建住まいの、“おひとりさま”高齢者

訪問営業

次も、ご高齢一人住まいの方からのご相談です。

お母様が事務所の近くで、少し遠方にお住まいの娘さんからの電話でした。

木造2階建(築後25年)のご自宅に、飛び込み訪問をしてきた営業の人に、

「近所で作業をしているものです、お宅の屋根瓦がズレてますよー」

「雨漏りの原因になりますよ。」

と、言われたそうです。

その場では、帰ってもらったそうですが、

当然心配になり、娘さんに相談して私のところに話しがきたのです。

対処

直感的に、イヤな予感がしました。

長年の経験上、その言い回しは大概“営業トーク”です。

さっそく、信頼できる仲間のリフォーム業者に現地に行ってもらいました。

(すぐに動いてもらえる仲間がいる事にも感謝です。)

そして、屋根に上って点検してもらいましたところ、

「まったく問題ない!」

との事。

やっぱり・・・

 

 

まとめ

二つのご相談に共通する事は、

相手が“おひとりさま”の高齢者であるということ。

そして、不安をあおるような言い回しをされたこと。

ましてや、一戸建ての方はウソをつかれています。

もはや、詐欺事件未遂とも言える出来事です。

 

飛び込みの電話営業や訪問営業の全てが悪いとは思いません。

実際、私も飛び込み訪問営業の経験もあります。

しかし、ウソやあおり立てることは、よろしくないです。

注意するべき点

もし、そのような状況になってしまった時に、

気を付けなければいけない事は、

その場で、返事をしない!

事です。

そして、対処のトークとしては、

〇「信頼できる人に相談をする。」

〇「知り合いに相見積もりしてもらう。」

などが良いでしょう。

また、相手に対しては、

〇名刺をもらう。

〇連絡先を聞く。

などしておくと、よいでしょう。

うしろめたさがある相手は、自分自身のことは明かしたくないものです。

 

2件とも厚木市内での出来事です。

身近で相談できる人を見つけておきましょうね!

 

 

不動産取引の専門家の「宅地建物取引士」「不動産コンサルティングマスター」「福祉住環境コーディネーター2級」がいる株式会社プラスホームは、不動産業21年の実績と積み重ねた信頼があります!不動産に関するお悩み・御相談をワンストップで解決します。お気軽にご相談ください。 ご相談無料です!
TEL:046-210-4288

最近の投稿


Fatal error: Call to undefined function get_mtime() in /home/atsukura/plushome.info/public_html/wordpress/wp-content/themes/inioi/single.php on line 43