住み替え事例

パターン1

マンション売却→実家を取り壊し→その敷地に2世帯住宅を新築

住み替え前の現状

〇15年前に購入したマンション(私が販売)に家族4人と猫1匹暮らし

〇職業・・・自営業(確定申告)

〇マンションのローン残高・・・約1300万円

〇マンションの実勢価格(仲介で販売に出した場合の相場)・・・およそ1600万円

〇実家は築後40年の木造住宅に両親二人暮らし(お父様は要介護)

お客様の悩みどころ

A.自営業者で売上げは上がっているが、申告所得は半分以下で、ローンが組めるのだろうか。

B.仮にマンションが売れて、新築のローンが組めなかったらどうしよう。

C.ローンを組み替えるためには、現在のマンションを売却し、残高を全額完済しないといけない。

D.マンションを売りに出して、売れなかったらどうしよう。

E.実家を解体したあと、高齢の両親と猫と自分たちが住む場所をどうしよう。

F.実家の敷地が約90㎡で、2世帯住宅が建築出来るのだろうか。

解決方法

A.B. について。

確定申告をされている方の融資審査は、会社員の方に比べると厳しくなる傾向にあります。

そこで、経費内の「減価償却費」「専従者給与」「青色申告特別控除額」も収入として算入してもらえる

金融機関を利用し、2世帯住宅を建築する資金を融資受けました。

C.D. について。

マンションの売却は、なるべく高値で売却できるように、当初仲介にて販売を開始。

万が一、新築完成までに売却できなかった場合のために、弊社で「買取り保証」を付ける事で、

安心して新築に取り掛かる事ができました。

結果的には、買取り金額まで価格を下げずに、販売する事が出来ました。

E. について。

たまたま同じマンション内で賃貸募集の部屋があり、

私共と親しくして頂いている管理会社さんの取り扱いでしたので、

「仮住まいの短期入居」「ペット同居」を了承してもらい、ご両親と6人+猫の仮住まいが始まりました。

その後、実家の解体をして、新築工事の着工となります。

F. について。

敷地が90㎡ですと2階建てでは2世帯住宅は不可能でしたので、

1級建築士に依頼し、3階建てのプラン作成をしました。

若奥様のこだわりのリビングや、要介護のお父様にも配慮した間取りを、

話し合いを重ねながら一緒に作りましたので、

ご家族全員が納得する新築住宅の完成です。

完成・引越し

無事にマンションの売却が完了し、

家族全員での仮住まいを経て、

晴れて、住みなれた実家の敷地に、夢の2世帯住宅が完成しました。

外構工事では、介護保険を利用して、玄関先の手すりを付けました。

 

今回の事例では、クリアしなければいけない事が何点かありました。

それぞれを、ベストなタイミングで取り組めた事が成功のポイントです。

そのタイミングを、ワンストップでアドバイスできる、不動産取引の専門家にお任せください。

 

 

引越し後に、お客様におっしゃっていただいた言葉は宝物です。

「おじいちゃんも元気になってきました!」

「家族全員、幸せに暮らしています!」

 

 

不動産・相続の専門家の「宅地建物取引士」「不動産コンサルティングマスター」「相続アドバイザー協議会認定会員」がいる株式会社プラスホームは、不動産業22年の実績と積み重ねた信頼があります!不動産・相続に関するお悩み・御相談をワンストップで解決します。お気軽にご相談ください。 ご相談無料です!
TEL:046-210-4288

最近の投稿