その擁壁(コンクリート壁)、安心ですか?


宅地造成を行う際に、総敷地面積が500㎡(市街化区域の場合)以上の場合、

都市計画法上の開発許可を取得する必要があり、中間と完了で行政機関の検査が入ります。

絶賛販売中の 厚木市戸室5丁目・売地 この分譲地は、500㎡未満のミニ開発ですので検査不要なのです。

しかし、開発行為と同等の基準で新しい擁壁を築造してあります。

そうは言いましても、すでに出来上がっているモノは、心配な点もありますよね。

ですので、その擁壁ができる過程をご案内いたします。

測量・設計

まずは、現地の高さや幅などの状況を測量し、どのような構造の擁壁を造るか設計します。

擁壁構造図(拡大)

擁壁構造図

 

 

 

地盤調査

つづいて、その設計されたモノが耐え得る地盤であるか調査をします。

最近では住宅建築の際に、地盤調査をして工事を始めることは、当たり前になってきました。

せっかく頑丈な建物を建てても、そこの地盤が軟弱であれば傾いてしまいますからね。

それと同じで、擁壁を築造する際も地盤調査をします。

こんな機械を使います。

計測機器

計測機器

擁壁地盤調査

擁壁地盤調査

 

 

 

「スウェーデン式サウンディング試験」と呼ばれる試験方法です。

おもりを乗せスクリュードライバーのような棒を地盤に沈めて、抵抗などを測定し、目に見えない地中の状態を確認する方法です。

(詳細な説明は省略します)

該当箇所5ポイントを調査するのですが、機械ですので調査しながらデータが取り込まれていきます。

まとめられたデータがこんな感じ。

擁壁地盤調査データ-3-2

擁壁地盤調査データ

擁壁地盤調査データ-3-1

擁壁地盤調査データ

 

 

 

 

検証の結果、設計された擁壁に耐え得る地盤であることが証明されました。

いよいよ工事開始です。

着工

配筋

まずは、鉄筋を組み立てていきます。

今回は、13㎜鉄筋のダブルです。底板は、上と下。立ち上がりの壁は、前と後ろ。ということです。

配筋
配筋

配筋

 

 

 

どうですか!

この段階で頑丈そうですよね。

 

コンクリート

つづいて、型枠を組みコンクリートを流し込み、乾いたらバラして壁の出来上がりです。

立ち上がり

 

 

立ち上がり

立ち上がり

 

 

 

仕上げ

最後に、土を点圧しながら埋め戻し、キレイに整地します。

仮の階段を作り、完成です!

完成現場の動画は、こちらに あります。

底板

底板

埋め戻し

埋め戻し

整地

整地

完成

完成

完成

完成

完成

完成

 

 

 

自信をもっておすすめします。

いかがでしたでしょうか?

擁壁が出来るまでの一連の流れをご理解いただけたでしょうか。

これらの写真は、全て私が現場で確認しながら撮影したものです。

不動産販売業者さんの中には、工事業者に全てお任せし(丸投げともいいますが。)、

現場に足を運ばず完成品だけを確認し、支払いをして完了、という販売業者さんもいます。

しかし、それでいいと思いますか?

自信をもって、安心・安全ですよ!とおすすめできるでしょうか。

施工していただいた工事業者さんは、とても丁寧な作業をして信頼のできる業者さんであります。

ただ、現場に足を運び、自分の目で確認した商品の方が、堂々とおすすめできますよね。

擁壁ひとつも大切な資産です。

長く長く、快適な暮らしをしていただくため、

また、孫のその孫の代まで、安心・安全だと伝えつづけていけるように、

こだわりを持った売主をお選びくださいね。

 

不動産・相続の専門家の「宅地建物取引士」「不動産コンサルティングマスター」「相続アドバイザー協議会認定会員」がいる株式会社プラスホームは、不動産業22年の実績と積み重ねた信頼があります!不動産・相続に関するお悩み・御相談をワンストップで解決します。お気軽にご相談ください。 ご相談無料です!
TEL:046-210-4288

最近の投稿


Fatal error: Call to undefined function get_mtime() in /home/atsukura/plushome.info/public_html/wordpress/wp-content/themes/inioi/single.php on line 44