⑦見学のチェックポイント

エリアと予算から、おおよその目星がついたら実際に施設の見学に行ってみましょう。最低でも3施設は見学し、比較検討してください。案内をしてくれる方が施設の人(施設長など)なのか、複数の施設を運営している会社であれば営業職の方なのかも確認。担当者の感じがよかったから入居を決めたものの、実際にはその担当者は施設には常駐しておらず、施設の人間はあまり感じがよくなかったというケースもあります。

見学の際には、可能であれば施設長と直接お話をすることをおすすめします。施設長の人となりや、介護に対する考えがそのまま施設の特色となって表れることがほとんどだからです。施設の豪華さや新しさなど、ハード面に目を奪われがちですが、老人ホーム選びにおいて、最も大切なことはそこにいる人です。24時間、365日を一緒に過ごすわけですから施設の雰囲気や考えが入居者の性格にマッチしているか、しっかり見極めましょう。

施設チェックシート

項目 施設名
1 2 3
環境 入居される方に適した環境(自然が豊か、街並みなど) ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
通う家族にとって交通の便がよい ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
玄関 整理整頓がされている ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
清掃が行き届いていて清潔 ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
居室 壁紙の張り替えやクリーニングがされている ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
予算に応じた希望の広さ、設備である ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
浴室 整理整頓がされている ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
清掃が行き届いていて清潔 ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
その他共用部 レクリエーションやサービスの案内が掲示されている ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
清掃が行き届いていて清潔 ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
お食事 味や盛りつけ、食器 ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
咀嚼力や嚥下力の低下に応じた食事がある ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
職員 しっかりと挨拶ができる ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
入居者と接するときの職員の言葉遣いや態度 ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
居住者 パジャマのままや、明らかな汚れがない ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
表情がしっかりしている、笑顔がある ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
契約内容
その他の説明
入居金の償却期間や返還金の説明がなされた ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
月額費用の他に追加料金の説明がなされた ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
医療措置や関連医療機関の案内があった ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×
介護体制について詳しい説明があった ○ ・ × ○ ・ × ○ ・ ×

夜間対応

夜間は、スタッフが居室を巡回し、入居者の様子を確認してくれます。
入居者が眠れない場合の話し相手になってくれたりする親身なスタッフがいる施設もあります。
夜間対応には施設の基本的姿勢が表れるので、見学時にはそのあたりも質問してみましょう。

不動産・相続の専門家の「宅地建物取引士」「不動産コンサルティングマスター」「相続アドバイザー協議会認定会員」がいる株式会社プラスホームは、不動産業22年の実績と積み重ねた信頼があります!不動産・相続に関するお悩み・御相談をワンストップで解決します。お気軽にご相談ください。 ご相談無料です!
TEL:0120-210-129

最近の投稿